«
»

日本とトルコ 130年の絆

濱口 和久

海難事故で献身的な対応 優先的にイランの邦人を救出

拓殖大学防災教育研究センター長 特任教授 濱口 和久

 トルコは親日国家と言われている。しかし、最初から親日国家だったわけではない。今から130年前の9月に起きた海難事故がきっかけだ。

エルトゥールル号沈没

 明治23(1890)年9月16日夜半、台風の荒れ狂う本州最南端の和歌山県串本町沖で、オスマン帝国(オスマントルコ)の親善使節が乗った軍艦エルトゥールル号が沈没する。司令官のオスマン・パシャをはじめとする乗組員500人以上が犠牲となる。生存者はわずか69人だった。

 エルトゥールル号は、明治20年に小松宮彰仁親王がトルコのイスタンブールを訪問したことへの答礼使節として来日。皇居で明治天皇に謁見(えっけん)し、オスマン帝国の勲章および親書を奉呈した帰路の途中で、海難事故に遭ったのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。