«
»

「南京大虐殺」登録資料集を検証

高橋 史朗

「大虐殺」立証する資料皆無 日記を偽造、記録映画収録せず

麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

 5年前の10月にユネスコ「世界の記憶」に登録された「南京大虐殺」資料に誰もアクセスできないという異常事態が続いていたが、一昨年、中国の南京出版社より全20冊が発刊された。「前書き」には、虐殺被害者は30数万人と明記されている。

信憑性ない戦犯供述書

 中国は申請資料の不備により、ユネスコから追加資料の提出を求められ、同「前書き」によれば、ソ連が1945年8月に中国の東北地方に出兵した時に捕え、50年7月20日にソ連から中国に引き渡され後、「偵察的尋問と教育的な改造を経て、56年6月に中華人民共和国最高人民法院の特別軍事法廷の裁判を受けた969人の日本人戦犯」の供述書を追加申請した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。