«
»

中国軍の戦闘機開発事情

杉山 蕃

国産ステルス機に傾注 課題はエンジンの高性能化

元統幕議長 杉山 蕃

 米大統領選挙を間近に控えて、中国、北朝鮮の軍事的行動は不活発の感がする。軍事的緊張を高める行為が、強硬派のトランプ米大統領を利することとなるのを恐れての判断ではないかと推察している。今回は、年初に中国軍の空母計画の縮小(国産艦4隻から3隻へ。艦載機開発の遅滞)について紹介したが、関連して戦闘機開発事情について私見を披露したい。

 解放軍戦闘機には、大別して三つの流れがあるとみてよい。

信頼性低い「コピー機」

 一つは、ソ連・ロシアからの導入で、初期の供与、その後の生産品購入、ライセンス生産等で入手したもので、中国軍戦闘機戦力の基幹である。最近の導入機種はSU27、SU30、SU35で約330機である(27のライセンス生産機J11を含む)。これらは、機体数および整備予備数に見合ったエンジン(AL31、AL41)を伴っており、性能、信頼性共に高い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。