«
»

次の災害に備え相互支援協定を

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

地域超え「共助」取り決め 学校・企業などからNGOまで

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 新型コロナウイルスは、社会がいかに相互依存しているかを示しているが、コロナ以前でもそうであった。

 過去のさまざまな災害で、個人や組織、地方自治体や国が互いに助け合った。災害救援は、生と死、あるいは希望と絶望の差を生むほどの大きな差を生む。タイムリーな支援ができるかどうかが、家族、コミュニティー、ビジネス、協会などを再構築できるかどうかの分かれ目になる。

毎年の見直し・更新を


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。