«
»

トランプの米国対ハリスの米国

加瀬 みき

進む人種と宗教の多様化 不安募らす白人クリスチャン

アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 米民主党の副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員が指名された。移民2世、インド人とジャマイカ人の混血のハリス氏はアメリカの多様性と力を体現している。大統領選挙は排他主義を貫くトランプ大統領の描くアメリカと、ハリス氏が代表する多様性のアメリカの一騎打ちである。

アメリカの「歩く証明」

 民主党の大統領候補ジョー・バイデン元副大統領がハリス氏をランニング・メートに指名し、民主党は活気づいた。ハリス氏はカリフォルニア生まれ。「黒人の大学」であるハワード大学からカリフォルニア大学のロースクール卒業後、地方検察官となり、その後サンフランシスコ地方検事、カリフォルニア州司法長官、そして2016年の選挙で黒人女性としては史上2人目の上院議員となった。黒人女性あるいはアジア系女性が副大統領候補になるのは初めてである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。