«
»

令和2年7月豪雨と防災体制の脆さ

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口-和久

感染症流行時の対策急務 通信のバックアップも不可欠

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 最近、気象庁の予報官が行う会見で、よく耳にするのが「50年に1度のこれまでに経験したことのない大雨が降る恐れがあります。命を守る行動を取ってください」という発言だ。

 「50年に1度の大雨」ということは、人間が生きている間に経験するかしないかの大雨のはずだが、平成24年九州北部豪雨、26年広島豪雨、27年関東・東北豪雨、29年7月九州北部豪雨、30年7月豪雨(西日本豪雨)、令和元年東日本台風(台風19号)、今回の令和2年7月豪雨と、立て続けに甚大な被害が起きている。

 風水害だけにとどまらない。平成28年に熊本地震、30年には大阪北部地震や北海道胆振東部地震などの地震災害も起きている。新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染もいまだ収束する気配がない。

防災士を積極的に活用


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。