«
»

承認された「プーチン憲法」

日本対外文化協会理事 中澤 孝之氏

「領土の割譲禁止」を明記 対露交渉見直し迫られる日本

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 7月1日まで1週間行われていたロシア憲法改正の是非を問う全国民投票の開票率100%の結果、賛成が77・92%に上った。反対票は21・27%。ロシア中央選挙管理委員会が2日発表した。

 投票率は67・97%で、投票率も賛成率も大方の予想を上回った。2006項目の改憲法案は一括して投票にかけられた。二重投票があったとか、賛成票が水増しされたとかの不正投票のうわさもあるが、有権者の過半数が、事実上の「プーチン憲法」成立に賛成したことは否定しようがない。

36年まで大統領続投も


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。