«
»

ディズレーリの人種優越論

獨協大学教授 佐藤 唯行氏

政界の反ユダヤ主義に対抗 ロスチャイルド家と互酬関係に

獨協大学教授 佐藤 唯行

 ベンジャミン・ディズレーリ(1804~81)はユダヤ出自の公職者の中で最も著名な人物だ。立身のため、表向きは英国国教会に改宗したとはいえ、彼の人生は「ユダヤ人の人生」と呼ぶに値するものだった。旺盛なユダヤ人意識を持ち続け、それを公言して憚(はばか)らなかったからだ。

 彼が首相の座に登り、女王の愛顧を得て伯爵に叙せられるために、ユダヤ出自は英国という国では致命的障害にはならなかったのだ。

 しかし幾多の偏見を乗り越える必要があった。政治家志望の野心的な若者にとり、必要なことは後援者探しだ。そこで社交界に潜り込み、色男の小説家として振る舞い、裕福な未亡人たちの歓心を集めたのだ。彼の文才、男ぶりは、出自に伴うハンディをはね返す武器となったのだ。社交界では異人との交際はファッションとしてもてはやされたからだ。

人種論が流行した時代


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。