«
»

コロナ後の日本再生は大学改革から

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

知的刺激が少ない国立大 日本型クォーター制の導入を

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 今からちょうど15年前、大阪大学大学院国際公共政策研究科の准教授だった筆者は、在外研究先の米ハワイ州オアフ島にある太平洋海兵隊の司令部での客員研究員としての在外研究期間を終えようとしていた。2004年8月から始まった在外研究は珍しい内容だった。

 普通の在外研究あるいは研究休暇は、大学や研究所で行うものだ。安全保障政策の現場について知りたい筆者の意向を知っていた米軍は、私のために特別なポストを用意し、秘密文書の作成や会議に参加する資格を与えてくれた。とても刺激のある一年だったのは言うまでもない。

低い教員や職員の士気


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。