«
»

コロナウイルスと科学の重要性

一般社団法人生態系総合研究所代表理事 小松 正之氏

データに基づく対策を 海洋生態系調査は日本の責務

 新型コロナウイルスの世界の感染者数は1036万人に達した(7月1日:世界保健機関〈WHO〉)。死亡者数も50・8万人で、南北アメリカ大陸の感染者数が522万人と最も多く、中国や韓国は再度波を迎え、経済活動を早期に再開した米フロリダ州やテキサス州では感染が拡大している。

一般社団法人生態系総合研究所代表理事 小松 正之

 日本も東京で連日50人を超え、2日には107人の感染者が発生した。一方で、6月24日専門家会議が突然に廃止させられた。政府は法的根拠がなかったからというが、専門家会議が公衆衛生と科学面から見て有効な助言を提供したかどうかで判断すべきである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。