«
»

国際社会で台湾を認め、支えよ

エルドリッヂ研究所代表-政治学博士-ロバート・D・エルドリッヂ

「統一」へ圧力強める中国 日米台3国間のFTA締結を

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 中国・武漢で新型コロナウイルスの流行が始まってから半年が経った。世界で感染が拡大する間、台湾の感染者と死亡者は極めて少なかった。専門家による早い発覚と通知、同政府の素早い対応など、見習うべき成果が注目されてきた。

 だが、台湾は、中国の影響によって世界保健機関(WHO)などの国際機関への参加が拒否され続けており、国際社会において外交的、政治的に孤立している。その上、中国は、貿易や国際経済において、台湾の参加を極力、抑えようとしている。

欠かせぬ経済的な協力

 本稿では、今年1月に再選され、5月20日に2期目の任期が始まった蔡英文政権の台湾を、日本をはじめとする国際社会、とりわけ民主主義の国々はいかに守るべきかを論じることを目的にしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。