«
»

コロナ禍に苦慮するロシア大統領

乾 一宇

国内全て自主隔離体制に 感染者拡大で支持揺らぐ恐れ

ロシア研究家 乾 一宇

 最近、ロシアで新型コロナウイルスの感染者が急増している。3月末に、感染者が2337人(死亡17人)だったのが4月中旬から一気に加速(14日2万人突破。死亡170人)、5月8日現在、感染者が18万人7859人に達し、仏、独を追い越し、ワースト5位に陥った。死亡者は1723人(12人/100万人)で欧米諸国より著しく少ないのが特徴である。

違反増え行動制限強化

 そもそも、ロシアで新型コロナ感染者が初めて確認されたのは1月31日(米国21日、スペイン2月13日、イタリア21日初確認)で、極東在住中国籍の2人であった。

 中国の武漢封鎖などもあり、新型ウイルス流行初期の対策をとった。中国からロシア国民を帰国させ、ロシア到着後は14日間の隔離措置を行った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。