ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

真実追究を怠る日本メディア

ペマ・ギャルポ

中国政府の主張垂れ流す 新型コロナ蔓延の責任追及を

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ ギャルポ

 世界中が中国発の新型コロナウイルスに侵され、国家・民族を超えて人類は大きな危機にさらされている。日本でも感染拡大に伴い、東京五輪・パラリンピックが来年まで1年延期され、7日には7都府県に緊急事態宣言が出された。いずれにしても、この強烈な謎のウイルス禍が世界全体で完全に終息するまでは、まだ数カ月から下手をすると1年間以上かかるとの予想もある。

共産党独裁による人災

 世界各国はさまざまな対策を講じ、科学者や医師も懸命にこの危機を克服するための努力と工夫をしているほか、アメリカ合衆国をはじめ各国は兆単位の国家予算を投じている。日本でも総額108兆円の緊急経済対策が決定され、収入が大幅に減少した世帯に30万円の現金を給付するなどの救済策が取られることとなった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。