«
»

日本人が忘れてならぬ硫黄島の戦い

濱口 和久

圧倒的戦力差も徹底抗戦 防波堤として散った栗林部隊

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 東京都内から南へ約1200㌔の距離にある小笠原諸島南端近くに位置する硫黄島は活火山の火山島であり、島内の至る場所で硫黄独特の臭いが立ち込めている。広さわずか20平方㌔余りの小さな島には、海上自衛隊と航空自衛隊の基地が置かれ、基地関係者以外は立ち入りが制限されている。私は防衛大学校学生の頃、春の訓練で訪れたことがある。

日本軍上回る米軍被害

 昭和20(1945)年3月、この島で日本軍と米軍が壮絶な戦いを繰り広げた。この時、日本軍守備隊を指揮したのが栗林忠道中将だ。

 栗林中将は昭和19年5月27日、小笠原方面を守備するため、父島要塞守備隊を基幹とする第109師団長となり、6月8日、硫黄島に着任する。7月1日からは、大本営直轄部隊として編成された小笠原兵団長も兼任し、海軍陸戦隊も含め、小笠原方面最高指揮官となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。