«
»

「知ること」と「信じること」

加藤 隆

信頼が知識獲得の前提に 事実に対する解釈が人生左右

名寄市立大学教授 加藤 隆

 我々は見えるものに囲まれ、見えるものしか信用しないような風潮の中に生きているが、本質的には見えないものに大きく左右されている。結婚相手に「三高」という見える条件を求めつつも、結婚する3組に1組が離婚する原因の大半は、信頼関係という見えないものの喪失である。或(ある)いは、子どもたちの集う教室や一家団欒(だんらん)の場である家庭にどんなに立派な設備や調度品が揃(そろ)っていたとしても、ここに居場所はないと言って去っていく人たちも少なくない。居場所があるかないかも、心の深いところでの判断である。

価値観を基に意味づけ


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。