«
»

新型コロナウイルス禍と台湾

浅野 和生

中国との心理的距離拡大 共産党政府の冷酷さに慄然

平成国際大学教授 浅野 和生

 台湾の新型コロナウイルス対策は、迅速にスタートし、早くから徹底的に行われた。日本ではまだ新聞紙上に第一報すら出ていなかった1月2日、衛生福利部(厚生労働省に相当)が専門家会合を開いて、検疫や医療機関からの通報を強化した。そして蔡英文政権は、26日から、中国人の新たな入国許可申請を受理しないこととし、2月6日には香港、マカオを除く中国人を全面入国禁止とした。また、中国に出ていた台湾人には、帰国後14日間の外出禁止措置をとった。

迅速に対応した蔡政権

 そのころ台湾の学校は、旧正月の長期休暇となっていたが、政府は授業開始を2月10日から25日へ2週間延期した。2週間以上にわたり感染者の急速な拡大がないことを確認した後に授業を始めることにしたのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。