«
»

超高齢多死社会の医療を考える

根本 和雄

ケア中心に「健生安死」を 望ましい癒しと看取りの医療

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 わが国は紛れもなく超高齢化が加速しつつある中で、それに伴って必然的に多死社会の波が押し寄せている昨今ではなかろうか。

 2019年には、65歳以上の人口は3588万人で総人口に占める割合は28・4%、しかも、75歳以上の人々の5人に1人が要介護に置かれている状況である。また、同年の死亡者数は137万6000人と戦後最多に達している。今後、高齢者の人口はさらに増え、60年には総人口の40%が高齢者になるといわれる。このような状況に直面している中で、これからの医療はどうあるべきか、極めて重要なことではないかと思う。

 人生最大の出来事である「生・老・病・死」の中で、とりわけ「老」「病」「死」に視点を向ければ、今後医療はこの問題とどう関わり、それに対して、どのようなケア<care>が求められるのか、その一端を述べてみたいと思う。

病と付き合い支え合う


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。