«
»

「稲むらの火」の教訓と濱口梧陵の功績

濱口 和久

津波警戒と早期避難訴え 将来を見据えた復旧・復興策

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 今年は濱口(はまぐち)梧陵(ごりょう)生誕から200年を迎える。梧陵が生まれた和歌山県広川町では「濱口梧陵生誕200年未来会議」を発足させ、6月に梧陵をテーマにしたシンポジウムなどが予定されている。梧陵は、安政元(1854)年11月5日に広川町(紀伊国有田郡広村)を襲った安政南海地震津波により被災した人たちへの生活再建支援や、将来ふたたび襲来する恐れのある津波から村を守るため、広村堤防の建設を行った人物として、さらには、「稲むらの火」の逸話の主人公として、広川町の人々によって綿々と語り継がれてきた。毎年11月には、広川町で「津浪祭」も開催され、梧陵の功績を称(たた)えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。