«
»

ユダヤ歩兵大隊の歴史的意義

佐藤 唯行

シオニストの大義広める 「建国の父」たちの鍛錬の場に

獨協大学教授 佐藤 唯行

 第1次大戦勃発に際し、英政府は英領スエズ運河の安全を確保するために隣接するパレスチナからトルコ軍を駆逐せねばならなかった。トルコはドイツ・オーストリアと同盟し、英国に敵対したからだ。この時、シオニスト系ユダヤ人たちは英政府に対し「共通の敵トルコ」と戦う英軍傘下のユダヤ部隊設立を求めたのだ。故国パレスチナをトルコ支配より解放する好機到来と見なしたからだ。

 最初に認可されたのは後方支援を担う「シオン騾馬(ラバ)隊」だ。当初、戦闘任務を熱望していた若きシオニストたちも、「対トルコ戦線は何処(どこ)であれシオンに通じる」と諭す指導者トルンペルドールの意見に従い、輜重(しちょう)兵として参戦することで、シオニズムに対する英世論の好意を得ようとしたのである。

設立認可も地味な働き


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。