«
»

皇位継承問題を考える

小山 常実

男系継承破れば日本分裂 別王朝への道を開く女性天皇

大月短大名誉教授 小山 常実

 令和への改元とともに、皇位継承の危機を説き、女性・女系天皇容認論に誘導する動きが強まっている。しかし、皇位継承の危機は確かにあるが、言われるほど強いわけではない。10年以上前に中川八洋氏が述べていたように、よほどのことがない限り、30年ほどは今の制度でも安泰だともいえる。あわてて女系容認につながるような制度を作るよりは、現状維持の方がよい。

 皇室問題よりも危ないのは、中国による侵略の危機だ。特に安倍政権の3期目が終わった後(安倍4期目があったとしても)が危ないように感じている。もっとも、トランプ再選の可能性が増しているから、侵略の危機は数年伸びるのかもしれない。ともあれ、日本国家が行うべき喫緊の課題は、この3年間何度も言ってきたように、第一に自衛戦力と交戦権を肯定する「日本国憲法」解釈を確立することだ。

男系継承は絶対原則


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。