«
»

巨大コンクリートで国土脆弱化

小松 正之

自然の力活用し防災を 環境保護と社会経済性向上も

東京財団政策研究所上席研究員 小松 正之

 日本は、自然に対して脆弱(ぜいじゃく)性をさらけ出した国土になった。また単一目的の防災で、環境、社会経済への考慮を忘れた。沿岸線は埋め立てやコンクリートで固められ、沿岸域の海洋生態系は相当部分が破壊された。

 「国土強靭(きょうじん)化計画」と政府は呼ぶが、地方の活力、経済と社会の衰退が示すように、明らかにこの目的に反している。地球温暖化は日本だけの事象ではない。しかし日本でとりわけ大きい災害が発生した。また、サケもサンマもスルメイカも獲れないのはどうして日本だけか。米国やロシアではサケは豊漁である。

自然の脅威忘れた人間

 2011年の東日本大震災・津波では死者・行方不明者は1万8429人(19年7月時点)であるが、埋め立て地での生活・居住の死者・行方不明者は約半数に達する。もともと海だったところに堤防を築いて居住・生活し、人間は自然の脅威を忘れた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。