«
»

ユダヤの輜重隊「シオン騾馬隊」

佐藤 唯行

祖国再建への道筋を開く 英軍の一員、第1次大戦で活躍

獨協大学教授 佐藤 唯行

 ユダヤ人の中で祖国再建に邁進(まいしん)する者をシオニストと言う。シオニストにとり好機到来となったのが第1次大戦だ。ドイツ・オーストリアと同盟して英国に敵対したトルコ帝国が負け組となれば、トルコ支配のパレスチナに英国の後ろ盾の下、ユダヤ人国家再建の道筋が開けるやもしれぬ。

 そう考えたシオニスト指導者トルンペルドール等は英軍の一員として戦うユダヤ人部隊の設立許可を求めたのだ。「ユダヤ人国家」の建国承認を取り付けるためには「ユダヤ人だけの部隊」を作り武功を立てる。これが英世論を味方にする近道と考えたからだ。しかし当時の法律は英国籍者と英植民地人以外が英軍内で戦闘任務に就くことを禁じていた。そこで考え出された法の抜け道が「戦闘に直接参加せぬ輜重(しちょう)隊」の設立だった。

富豪の協力期待した英


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。