«
»

日本軍はノモンハンでいかに戦ったか

濱口 和久

甚大だったソ連軍の損害 スターリンが「大勝利」と喧伝

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 今年はノモンハン事件から80年目となる。そのため、ノモンハン事件に関連する書籍が数多く出版されている。10月7日の本欄でも、中澤孝之氏が「ノモンハン事件から80年」と題して書かれていた。中澤氏は日本軍敗北論の視点で書かれていたが、私はここで、日本軍は互角に戦ったとする視点でノモンハン事件について述べたい。

ソ連崩壊後に真実判明


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。