«
»

中華民国の台湾移転70年を寿ぐ

浅野 和生

大陸中国との分離は幸運 自由と民主主義定着した台湾

平成国際大学教授 浅野 和生

 「中共に渡すよりも 台灣は日本に還せ」とアメリカ上院外交委員長のトム・コナリー上院議員が語った、とは1949年12月31日の読売新聞夕刊1面トップ記事が伝えたところである。

 この月のはじめ、中華民国政府職員は四川省の臨時の首都、成都から撤退を開始し、7日には中央政府機構が台湾に移転した。これと踵(きびす)を接して、蒋介石、蒋経国親子が台湾入りしたのは10日である。中華民国は、大陸中国を放棄して、台湾に居を移すことになった。今からちょうど70年前のことだ。

 その時、戦後の国連、北大西洋条約機構(NATO)の発足の際に活躍したコナリー委員長は「もし日本人が今後侵略的でなく紳士的な態度を示すならば」という条件付きで、先の発言に及んだ。

絶望的闘い続ける香港


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。