«
»

難問山積の対北朝鮮外交

遠藤 哲也

非核化交渉、米国支援を 拉致解決には首脳会談不可避

元日朝国交正常化交渉日本政府代表 遠藤 哲也

 日本の対北朝鮮外交の中長期目標は国交正常化である。その大筋は2002年9月の小泉純一郎総理(当時)の訪朝の際の日朝平壌宣言に記されている。正常化交渉で取り上げる問題は経済協力にしろ、請求権問題にせよ、難問ばかりだが、そのうちで最大のハードルは核・ミサイルと拉致問題であり、この二つの解決は正常化実現の前提と言ってもよい。本稿では、筆者が直接に関与した、しかし残念ながら、当初の目的を果たすことができなかった北朝鮮外交の問題について考えてみたい。

ミサイル防衛の強化を


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。