«
»

中国共産党4中総会の怪

茅原 郁生

経済より政治引締め優先 揺らぐ習一強体制の改善急ぐ

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国で10月に共産党第19期中央委員会第4回会総会(4中総会)が1年8カ月ぶりに開催された。そこでは中国が直面する経済や香港問題等の難題ではなく、「中国の特色ある社会主義制度の維持・改善と統治システムと統治能力の現代化」が主テーマとされ、党や国家の統治能力や管理体制の強化が取り上げられたのは何故(なぜ)か?

 先のペンス米副大統領の演説で、米中角逐が貿易戦争から先端技術や金融問題に加えて人権・民主化・香港関与にまで拡大する趨勢(すうせい)にあり、貿易戦争に伴う中国製造業の低迷が6~9月の国内総生産(GDP)成長率をレッドライン6%に低下させる深刻な経済、一帯一路外交戦略の不振などの経済・外患の課題を直視しないで政治的引き締めなど内憂対処を優先重視したところに習政権が抱える難題の深刻さを見ることができる。

独裁統治に体制疲労も


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。