«
»

江戸城天守を見上げる五輪を

太田 正利

 伝承すべき日本の「宝」

評論家 太田 正利

 2020年の東京オリンピック――前回の1964年には池田内閣の末期で、競技場等の施設整備、東海道新幹線と東京モノレールの開業、東京国際空港のターミナル、首都高速、環七通りの整備等のインフラ、ホテルニューオータニ、ホテルオークラ等々の宿泊施設の増設・整備等々――は、まさに戦後日本を象徴する復活東京を世界に誇示し得るものであった。金メダルも、米(36)、ソ(30)、日(16)と世界に誇示し得る第3位の成績だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。