«
»

1年を切った米大統領選挙

ロバート・D・エルドリッヂ

改革できず苦境の民主党 トランプ氏の再選が濃厚に

エルドリッヂ研究所代表 政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 来年11月3日に行われる、4年に1度のアメリカ大統領選まで1年を切った。候補者の数や発言、激しいやりとりの報道を見て、もう既に選挙戦に入っていると思われる読者もいるかもしれない。各政党の大統領候補を決める予備選は実は来年正式に始まり、主要な二つの政党のそれぞれの党大会は来年の夏までは開催されない。だが、このままでいくと、報道機関の希望とは違い、現職のドナルド・トランプ大統領の再選が濃厚だと思っている。

政策的議論ない討論会

 トランプ氏が素晴らしいからなのではなく、3年前に本欄で指摘したように、野党が無能だからだ。当時、筆者はトランプ氏に注目するよりも、民主党がなぜ負けたかをちゃんと反省し検証した上で改革しなければ、トランプ氏は2期目も務めるだろうと指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。