«
»

米中テクノロジー争覇の行方

新田 容子

各国に響かぬ米の警鐘 露との連携を模索する中国

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子

 ポンペオ米国務長官は、今年2月、中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)の機器を通信ネットワークで使用するリスクについて、同機器を採用して情報システムの一部に組み込む国は情報の共有はせず、ビジネスはしない、経済制裁も厭(いと)わないと同盟各国に厳しい警告を発した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。