«
»

ノモンハン事件から80年

中澤 孝之

日本の対ソ強硬論が後退 太平洋戦争に向かう契機に

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 昭和の半ば、当時の満州国(現中国東北部)とモンゴル人民共和国の間で国境線をめぐって起きた紛争、「ノモンハン事件」から今年で満80年を迎えた。

 両国の後ろ盾として、満州国を支配していた日本と、モンゴルを衛星国としていたソ連邦とが武力衝突したのは当然の成り行きであった。日ソ国境紛争の一つと数えられている。

 この紛争は1939年5月11日から9月15日まで続いた。紛争の呼称は、国境周辺の地名や戦場の中央を流れる河川の名称から、日本では「ノモンハン事件」、モンゴルや中国では「ハルハ河戦争」と呼び習わす。旧ソ連やロシアでは「ハルハ河の戦闘」と称している。

戦闘能力に圧倒的な差


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。