«
»

クロムウェルのユダヤ諜報団

佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 高校世界史にも登場するクロムウェル。英国王チャールズ1世を斬首し、共和政を樹立した指導者だ。一方、父を殺されたチャールズ2世は亡命先のフランドル地方で王朝復活の画策をめぐらしていた。動向を探るためクロムウェルが差し向けたのがユダヤ諜報(ちょうほう)団だ。統括したのはクロムウェルの腹心で「ユダヤの友」と仇名(あだな)された国務大臣ジョン・サーローだ。彼を介してクロムウェルが諜報団を上手に操縦していた事実は、次の同時代資料からも明らかだ。

 「欧州大陸との交流を持つが故に有能な諜報員であるユダヤ人をクロムウェルはうまく利用している。英国在住の彼らの元締に対し時宜にかなった報奨金を与えることで彼らを手なずけているのだ」

欧州各地に情報連絡網


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。