«
»

北米植民地のユダヤ系兵站

佐藤 唯行

英仏両軍で重要な役割 同族ネットワーク駆使し活躍

獨協大学教授 佐藤 唯行

 軍の補給部隊が未発達だった近世欧州。兵站(へいたん)と呼ばれる軍需品の補給業務は民間の商人、とりわけユダヤ商人が重要な役割を担っていた。この状況は欧州列強が北米に築いた植民地でも同様だった。英仏による覇権争いが激化した18世紀北米において兵站業務は最大のユダヤビジネスに成長していたのだ。

 英軍の兵站業者として3世代にわたり頂点に君臨したのがフランクス家だ。この仕事が特定の家族の家業として継承されてきた事実をフランクス家の事例は示している。業務上のノウハウや人脈、資金が確実に受け継がれるという点で、ファミリービジネスには利点があったわけだ。

現地で牛育て肉提供も


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。