«
»

蔡英文政権の静かな革命

浅野 和生"

進む「中華民国」の台湾化 「廃省」で「大陸地区」消し去る

平成国際大学教授 浅野和生

 1946年12月25日、中華民国憲法が制定された時、その領土は中国大陸と台湾にまたがるもので、河北省、浙江省、四川省などと台湾省を含む35の省と、南京市、上海市、北平市(つまり北京市)など12の直轄市からなっていた。

 なお、同憲法によると、外交、国防、国籍、国税など国家そのものに属する事項は中央政府の管轄だが、「省の教育、衛生、実業及び交通」「省の財産の経営及び処分」「省の市政」「省の農林、水利、漁業牧畜及び工事」「省の財政及び税金」「省立銀行」などの立法、執行権が「省」に与えられていた(第109条)。

台湾省廃止した蔡総統


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。