«
»

米国とイランのチキンレース

乾 一宇

友好国巻き込み危険度増 中東での影響力拡大狙う中露

ロシア研究家 乾 一宇

 日本の原油輸入に大きな影響を与える中東で、アメリカとイランがチキンレース(度胸比べ)を展開している。外交・経済面ばかりでなく、原油タンカーの拿捕(だほ)や攻撃も実際に起こっている。

 安倍首相も両国の仲裁役を演じたりしているが、簡単に解決しそうにない。

 経済制裁の強化や武力を誇示するアメリカ、周辺国・武装組織を支援して混乱を起こすイラン。同盟国アメリカに働き掛けるイスラエル、サウジアラビア。イランを支援するロシア、トルコ、それに中国。中東各地の内戦にも影響を及ぼし、危険度が増大している。

深刻な経済制裁の影響

 かつてのアメリカとイランは、エネルギー資源を中心に親密な関係にあった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。