«
»

ロシア海軍実験場での爆発の真相

中澤 孝之

小型原子炉を開発中か 当局は「核爆発」の疑い否定

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ロシア極北アルハンゲリスク州セベルドビンスク近郊ニョノクサ村の海軍実験場で8月8日、新型ミサイル実験に伴うと見られる爆発によって、国営原子力企業ロスアトムの従業員5人と将校2人が死亡するという事故が発生した。事故直後、「核爆発か」との疑いも出た。軍事機密との絡みから爆発事故の原因に関して、さまざまな臆測が飛び交った。セベルドビンスクには原子力潜水艦工場があり、爆発が起きた一帯には、ソ連時代から弾道ミサイルや巡航ミサイルなど海軍の主要なミサイル製造施設が置かれている。

 ロスアトムは事故2日後の10日、「推進装置にある放射性同位元素の動力源」に関連して事故が起きたと発表した。その後、同社の報道担当者はタス通信などのメディアに、実験は「海上の施設で行われた。実験完了後、燃料に引火して爆発が起き、何人かの従業員が海に放り出された」と明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。