«
»

侮れぬイランのサイバーパワー

新田容子

米中露に次ぐ規模と能力 国を挙げ最先端技術取得図る

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子

 昨年5月、米国が2015年に米英独仏中露とイランの間で結んだイラン核合意から、一方的に離脱すると表明後、両国間で軍事的挑発がエスカレートしている。この6月、米国はイランによる無人偵察機の撃墜を受け、報復措置としてミサイル発射やスパイ活動に関わるイランのコンピューターシステムにサイバー攻撃を行っていた。

 イランとの戦争を避けたい欧州各国は米国主導のイラン包囲網を狙いとした「有志連合」構想に慎重な声を上げており、近く米国抜きでの合意継続を話し合うための閣僚級協議の開催が決まっている。我が国もこの「有志連合」への参加を要請されており、自衛隊法に定められた海上警備行動を発令、自衛隊の派遣を決断すべきかどうか、日米同盟を基軸とした我が国の安全保障の在り方を問われている。

中露との結び付き強化


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。