«
»

安保不公平論とホルムズ海峡

杉山 蕃

再定義の必要性問う米国 同盟の堅確性維持へ議論を

元統幕議長 杉山 蕃

 20カ国・地域(G20)大阪サミットに際し、トランプ米大統領が「日米安保不公平論」を展開したことから、外交防衛論者が一斉に、対応する意見を述べ、ちょっとした騒動になった。

 論旨の多くはトランプ大統領の主張は「日米安保の片務性」を基とするものであり、それは一方的見方で、我が国が果たしている役割すなわち米軍に対する基地、演習場等の提供、作戦力を持った米軍の駐留、駐留経費の7割負担等により、米国の世界戦略を支える「大きな役割」を果たしており、十分バランスの取れた状態にある。双方の果たしている形が非対称であり、分かりにくい面もあるが、相互に十分理解すべきだとするものである。

狭隘な安保の適用地域


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。