«
»

進む中国の空母部隊建設

杉山 蕃

国産1番艦近く部隊配属 強襲揚陸艦建造にも資源投入

元統幕議長・杉山 蕃

 6月上旬、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が福岡で実施される中、空母「遼寧」が宮古水道を抜け太平洋へ進出、他方、米第7艦隊と海自「いずも」は、日米共同訓練を南シナ海で実施するという対極的行動が報ぜられた。

 双方十全の計画準備が必要な活動であり、政治日程を意識しながらの行動と承知するが、我が国近海も騒々しくなったと痛感する。今回は「遼寧」の行動に関連し、中国空母部隊建設のその後の状況を紹介したい。

原子力いつ採用か注目


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。