«
»

フォークランド紛争と尖閣諸島

ロバート・D・エルドリッヂ

日本はサッチャーに学べ 信念を持って対処した英首相

エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 筆者は読書が好きで、楽しむだけでなく仕事である学術目的で数多くの本を読んでいる。中でも、伝記や回想録はお気に入りの分野だ。今年、これまで読んだ本で最も良かったものは、1979年から90年まで英国首相を務め、2013年に87歳でこの世を去ったマーガレット・サッチャー女史の自叙伝(1993年刊行)だ。

 サッチャー氏は保守強硬派の中曽根康弘元首相と良い関係を築いていたが、その前任者で社会党出身だった鈴木善幸元首相とは厳しい関係にあった。サッチャー政権初期の日本とのあつれきは自叙伝の中ではっきりと記されている。

武力行使批判した日本

 領土をめぐりアルゼンチンと争い、英国軍が武力行使したフォークランド紛争(82年)の間、サッチャー氏にとって日本ほど失望した国はあまりなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。