«
»

与党が圧勝したインド総選挙

ペマ・ギャルポ

国民は経済より安保優先 モディ首相の強い指導力支持

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 世界最大の民主国家インドでの5年に1度行われる下院議員選挙は与党人民党の圧勝で無事終了した。モディ首相のインド人民党(BJP)は前回の282議席に対し今回は303議席を獲得することで単独でも政権を堂々と継続することになった。伝統的与党として独立以来インドの舵(かじ)を取ってきた国民会議派は、前回に比べ多少議席を増やしたものの政権奪回には及ばず、ネルー、インディラ・ガンジー、ラジブ・ガンジーに続く4代目のラフル・ガンジー総裁は名門としては屈辱的な敗北であった。

 ラフル・ガンジー氏個人としての誠実な人柄や、努力に対してはそれなりの評価が出始めていた。昨年11、12月の五つの州の選挙では人民党の支持率が低迷し、ラフル・ガンジー氏率いる国民会議派に有利な風向きとなった。それだけに今回の選挙では政権奪回の可能性も見えてきたように報道されていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。