«
»

INF条約破棄の波紋

乾 一宇

米の対応で日本にも影響 露、イージス・アショアを警戒

ロシア研究家 乾 一宇

 米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約について、トランプ米大統領同様、プーチン露大統領も、3月4日、条約の履行停止の大統領令に署名した。条約は8月初めに失効する。

本条約について、本欄(1月14日付)で取り上げ、米露2国間の条約であり、互いに相手の違反を非難しているが、中国の増強著しいINF兵器への米露の対応の一面を指摘した。

ここではロシアの主張を紹介しながら、日本との関係を含め破棄後の影響を考えたい。

欧州での軍拡は回避へ

 ロシアは、これまでドイツ統一時に合意した北大西洋条約機構(NATO)東方不拡大の反故(ほご)、アメリカのイランが主対象だとする旧東欧衛星国へのミサイル防衛(MD)システムの配備を激しく非難してきた。防衛用と言っているが、それは容易に攻撃用に改造できるものである、と。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。