«
»

「沖縄会議」構想の実現を

ロバート・D・エルドリッヂ

成功収めた「京都会議」 大事な日米両政府と県の対話

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 昨年9月、米海兵隊の普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を主張し沖縄県知事に当選した玉城デニー氏は過去2カ月間、さまざまな場で日米両政府の合意や沖縄に関するその他の問題を見直すことを呼び掛けてきた。その中の一つの場は、日本政府との直接会談だ。もう一つは、SACO(沖縄に関する特別合同委員会)に沖縄を加えた「SACWO」という新たな協議機関だ。1年以内に「沖縄県民の負担を軽減すると同時に、日米同盟を強化する」ことを目指して1955年11月に設置されたSACOの最終報告は、まず、普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沖の辺野古への移設を求めている。

沖縄返還交渉の指針に


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。