«
»

遠のく北拉致問題の解決

宮塚 利雄

理解できぬ政府の対応 見送られた非難決議案提出

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 去る2月27、28日にベトナムのハノイで開催された2回目の米朝首脳会談は、事実上の「失敗」に終わった。1年前までは「老いぼれ狼(おおかみ)」「リトル・ロケットマン」と互いを罵(ののし)り合っていたのに、昨年6月にシンガポールで1回目の歴史的な米朝首脳会談での成果を踏まえての今回の会談であった。だが、金正恩朝鮮労働党委員長の要求する「対北朝鮮制裁の全面解除」に対し、トランプ米大統領は「寧辺核施設だけではなく他の核施設の放棄」を要求し、会談は決裂したのである。

米国頼みの限界を露呈


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。