«
»

戦国期に来日した隠れユダヤ

佐藤 唯行

ザビエルの日本布教支援 南蛮商人ピントやアルメイダ

獨協大学教授 佐藤 唯行

 日本人とユダヤ人の最初の出会いは幕末・明治維新期に始まると信じている人は多いようだ。けれどそれは正確ではない。既に16世紀中頃の戦国時代、九州各地へ頻繁に来航した南蛮商人の中に実は隠れユダヤ教徒が混じっていたからだ。一番の著名人は後述するメンデス・ピント(1509?~83)だ。

 隠れユダヤ教徒とは宗教迫害を逃れるため表向きはカトリック教徒を装うイベリア半島出身のユダヤ人のことだ。彼らの祖国の一つポルトガルでは貿易商や医師など裕福な都市民階級を形成していた。しかし繁栄は永続しなかった。1536年、隠れユダヤ教徒に対する摘発が始まったからだ。

 安住の地を探し求め彼らが辿(たど)り着いた先の一つがポルトガル領植民地、インドのゴアであった。持ち前の商才と同族ネットワークを武器に彼らはインド各地で集めた財物を欧州へ輸出する貿易で他の追随を許さぬ存在になっていったのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。