«
»

沖縄県民投票の茶番劇を斬る

西田 健次郎

知事が移設反対運動主導 投票率上げに手段を選ばず

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 沖縄県宜野湾市の米海兵隊普天間基地の沖縄本島北部キャンプ・シュワブ海上への移設を、玉城デニー知事は、ありとあらゆる手段で阻止しようとしている。県はついに、5億円以上の県税を使って「県民投票」という政治パフォーマンスを演じた。当初、知事陣営は、全有権者の70%以上の辺野古反対票を集めると息巻いていたが、結果は投票率52%で反対票は有権者全体の39%でしかなかった。

 これは無駄で無意味な空騒ぎであり、投票に行くのもアホらしいという県民の冷めた声が現れた結果だ。フランス革命を批判した哲学者オルテガや保守派の評論家・西部邁、中島岳志は、政治・社会が熱狂する時は、その熱狂を疑えと警告している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。