«
»

「竹島の日」と日韓主張の対立

濱口 和久

「先占」の原則に則り編入 講和条約発効で日本領と確定

拓殖大学大学院特任教授 濱口 和久

 今年も2月22日に「竹島の日」式典が島根県松江市で開催された。日本政府からは安藤裕内閣府政務官が出席。政務官の出席は7年連続となる。現在、日韓関係は戦後最悪の状態が続いている。そして、例年以上に「竹島の日」式典に対して、韓国から激しい抗議や反発が官民挙げて行われた。

 竹島の領有権は、昭和40(1965)年の日韓基本条約が締結された際、日韓の政府の間で解決を見ないまま先送りされ、現在も韓国が不法占拠を続けている。

 竹島の領有権問題の発端は、昭和27年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効で日本が主権を回復する3カ月前の同年1月18日、突然、李承晩大統領が火事場泥棒のごとく海洋主権宣言「李承晩ライン」を一方的に公海上に引いたのが始まりだ。

 李承晩ラインについては、日本だけでなく米国、英国、中華民国も抗議したが、韓国は聞く耳を持たなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。