«
»

米中国交「40周年」中国の本音

浅野 和生

台湾統合に武力行使も 米国はアジアの安定を保証

平成国際大学教授 浅野 和生

 40年前の1月1日、米中の国交が正常化された。これに伴い、その1月1日にアメリカと台湾は断交となった。しかしそのアメリカは、国内法で「台湾関係法」を制定して、台湾の存続を保証し、アメリカにいる台湾の人々の法的権利を保護することにした。

 「台湾関係法」にカーター大統領が署名したのは同年4月7日、しかし条文の規定により1月1日に遡(さかのぼ)って効力が発生することになった。

 つまり1月1日は、「台湾関係法」発効40周年でもある。

 しかし中国は、この日を別の形で祝してみせた。すなわち、中国は「台湾同胞に告げる書」公表から40周年を記念して1月2日に祝賀式典を開催、習近平(国家主席)が記念演説を行った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。