ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「仕事熱心」をやめた日本人

秋山 昭八

上司や年齢構成に原因 職場活性化が喫緊の課題に

弁護士 秋山 昭八

 「日本人は仕事熱心」という思いは常識であった。ところが、米調査会社のギャラップ社が2017年公表した、仕事への熱意についての国際比較によると、日本で「仕事に熱意を持って積極的に取り組んでいる」従業員の比率は全体の6%で、調査した139カ国の中で132位と、最下位級にとどまったことが分かった。

 与えられた仕事を指示通りにこなす受け身の勤勉性はそれなりに高いものの、自ら主体的に仕事に取り組む姿勢に欠ける状況は非常に心配される。働き手の熱意の低い職場から目の覚めるようなイノベーションが生まれないのは自明である。企業業績と社員の熱心さの間には強い相関関係があることも知られている。日本企業の収益力が低い一因は、社員の熱意不足であるといわれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。