«
»

INF条約は破綻したのか

乾 一宇

中国を念頭に置く米露 中距離核開発・配備も視野に

ロシア研究家 乾 一宇

 昨年10月、トランプ米大統領は、ロシアの条約違反を理由に中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を表明した。さらに12月4日、ロシアが60日以内に条約違反の状態を改善しないと、条約で定められた義務の履行を停止すると通告した。6日には、トンプソン米国務次官は、配備中の新型地上発射巡航ミサイル「9M729」の廃棄、あるいは条約違反にならないよう射程の短縮などの要求内容を明らかにした。ちなみに「9M729」は、2015年9月末シリアにロシアが軍事介入(空爆)した直後の10月、カスピ海の露艦艇からシリアのIS(自称「イスラム国」)拠点にイラン・イラクの上空を飛行して攻撃した巡航ミサイルの地上型である。

 INF条約は、1987年12月に米ソの間で署名、翌88年6月発効、米ソの中距離地上発射ミサイルを実際に全て廃棄するという当時世界を驚かせた条約であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。