«
»

東洋的思想の「精神療法」

根本 和雄

「森田療法」100年に思う 「生き方」の処方箋に活用を

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 日本で生まれた森田正馬(まさたけ)による「森田療法」の理論が確立したのが1919(大正8)年、森田正馬45歳の時で、今年は100年の節目である。

 それは、西欧的思想に基づく「精神療法」が分析的かつ原因・結果論的アプローチであるのに対して、「森田療法」は東洋的思想による「円環論」的で、心身一元論の立場で物事を自然の流れのなかで“あるがまま”に受け入れようとする考え方である。

 つまり“柳は緑、花は紅”であり、苦は苦として引き受け、それになり切ったときに、苦を抜け出すことができるというのである。

 すなわち「あるがまま」とは「事実(じじつ)唯(ただ)真(まこと)」(物事本位)なので、このような受容的態度こそが森田療法の要訣(ようけつ)なのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。